悪質商法:ホームページリースで法外な料金 被害が多発

ホームページ制作で被害にあわない為に是非読んで下さい。 この問題は当社にも多くの方からご相談を受けます。内容は記事を参照していただくとして、このホームページリース詐欺につぃて説明と問題点を書きます。 「ホームページを制作します。制作費は30万円です」といわれると高いと思いますか?金額だけ聞くと高いと感じる方もいるかもしれません。これが「ホームページを制作します。お支払いはリースで月3万円です」と言われると「それなら払えるし安いな」と思って値段に飛びついて契約される方がいます。ここで重要な事を書きますが、 ホームページはリースできません!なぜなら無形物だからです! ホームページリース詐欺会社(以下悪徳会社)はそのほとんどがリース会社を通してリース契約を結ぼうとするのです。悪徳会社はホームページがリースできない事は知っています。だからホームページをリース契約する際、「更新に必要だからパソコンをお付けします」とか「更新に便利なソフトを提供します」といってホームページ以外に物品を提供しようとします。これはお客様の事を考えてではないのです。 物品をつけないとリース契約できないからなのです! そうして悪徳会社は契約をしようとしますが、ここで一番の問題はこの契約なのです。上記のようにホームページはリースできません。悪徳会社とお客様が契約しようとする際、お客様は【ホームページ制作の契約】と思っていますが、実際契約したのは【パソコンやソフトなどのリース契約】なのです。ここで再度料金の話ですが当社に相談にこられる多くの方の料金パターンは「月3万5千円で5年契約」が最も多いです。総額は200万円超えます。 この高額な金額はHPの契約ではなく物品などの契約です! 悪徳商法といわれるのはこの市場価格20万程度のパソコンを総額200万を超える価格で契約させようとすることです。更に質が悪いのはこの契約 ホームページ制作に関する契約が一切ないのです。もう一度書きます。上記のような契約は物品の契約しか行っていません。詐欺会社は当然この事をお客様には通知していません。契約したお客様は「これでホームページを作成してもらえる」と思い込んでしまいます。 ところが悪徳業者はホームページ制作に関する契約は一切していないので、かなり手抜きなホームページを作成します。そのようなホームページは当然検索にも引っかからないし、集客もできません。当社に相談に来たケースではそのようないい加減なホームページすら作ってもらえなかった方もいます。 こうして契約後、全くアクセスのない事を不満に思い悪徳業者に問い合わせても悪徳業者はいい加減な対応しかしません。そうなって初めて不信に思い解約を申し出ますが、ここでやっかいなのがリース会社です。市場より明らかな高額な物を販売した場合、消費者保護が適用されるのですが、悪徳業者はその辺も心得て【悪徳業者対お客様=企業】という図式で契約を迫ります。お客様自身会社のホームページだからと思い会社名で契約しますが、悪徳業者の目的は【リース解約させない為】なのです。なので全くアクセスのないホームページでは意味がないとリース解約を迫ると、今度はリース会社が解約なら残りの支払い額全額払わないと解約できないといってきます。お客様が結んだ契約はリース契約なので契約書の裏に約款が記載してますが、たいがい解約に関しては上記のような事を書いています。私からすれば リース会社も悪徳業者とグルです! このような場合、契約された方はアクセスのない つまりは何の役にもたたないホームページに総額200万以上の金額を払い続けることになります。解約が無理ならアクセスの有るホームページに作り変えて欲しいと悪徳業者に言った場合、たいがい追加制作になるので別途料金を請求してきます。本当に腹立たしい事です。現状、一番の対策としてはこのような悪徳業者と契約をしないことが一番です。このような悪徳の見分け方ですが、多くが 電話勧誘で「ホームページを製作しませんか」と営業してくる 更新に便利ホームページ以外に物品を一緒に持ちかける リース契約を結ぼうとする 「絶対儲かります」と【絶対】を強調する というパターンが多いです。特に電話勧誘は多いです。このブログを読まれた方へ ホームページを作成依頼する際、絶対にリース契約を結ばないで下さい。

コメントを残す